スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
2日目 USJ
本日はUSJへ。
お目当てはエルモ。
息子はエルモを「エルモッモ」と呼び慣れ親しんでいるので
ぜひ合わせてあげたかったの。

入り口に近づくにつれテンションが上がり始める私たちをよそに
息子は心の扉を閉ざし始める........

usj1


少し入った所に早々とエルモはっけ~ん!!!!
走ってエルモのもとへ駆け寄ります。
で、記念撮影と思ったら息子は夫にしっかりつかまり硬直。
私たちにも目を合わさず、ますます心を遠い所に飛ばせてしまった模様。

その後、waterworldを見てさらに息子の警戒心を煽る。
しかし私は、この様に見えて根が素直なものですごーく楽しめました。
爆発するたび、ワーキャー言ってやったよ。

そして食事を取るも、やはりおいちくない。
次からは面倒でも入る前に数多あるレストラン地帯へ足を運んだ方が懸命かと。
で、息子も食事をしている間に環境に慣れたのか
歌を歌いながらダンスしだし、一安心。
食べ終わるとちょうどパレードが始まっていて
何故かここではエルモに大興奮。

usj2


次はJAWSへ.....
いや、怖がるだろうとは思ってたんですけどね。
案の定また心を閉ざしてしまいました。
怖がっているのもまたかわい。歪んだ愛かしら?

エルモのポップコーンバケツを貪り喰う息子。
usj3


で、セサミの映画を見て帰りました。

帰るとき、またもや着ぐるみエルモに遭遇し
ガンガン近寄ってみたら、泣かれました。





スポンサーサイト
2006-08-08 20:25 | leisure | Comment(0) | Trackback(0)
ビワコ・クルーズ
ないと思っていた夫の夏休みが4日間もらえました。
温泉旅行などしたかったけれど、なんせ急に決まったもので
近場で観光気分を味わう事に決定しました。

まず初日はお隣滋賀県にある琵琶湖へ。
フェリーに乗って湖をくるっとする、ミジガン・クルーズというのに参加。

lake2


お船にはミシガンの雰囲気を演出するためか、外国人のクルーもいらっしゃいます。
でも、如何せん琵琶湖でございます。
船内は4階建てで、湖面スレスレを体験できる1階は
ボートや水上バイクに水をかけられる事もあるとか...
しかもわざとかけてくださる遊び心溢れるお方もいらっしゃるそう。
そんなお遊びにおつきあいできないわたくしたちは
ビールなどを飲みつつ、小一時間のお船の旅を楽しんだのでした。

lake1


感想としては、琵琶湖でけぇーな。くらいです。
この水が京都、大阪へ流れ着き水道から出て来ると思うと、
いろんな意味で感慨深い.........

夕飯を食べ、湖岸へ行ってみると小さなお祭りが開催中。
最後にはしょぼいながらも花火が打ち上げられ
次の日琵琶湖花火大会があるのでまた来るかどうかの迷いも共に散り、
当分琵琶湖には来ない方向で話は終息。

初日出だし好調。充分満喫しますた。
あと3日、何して過ごす.......

つづく
2006-08-07 13:37 | leisure | Comment(0) | Trackback(0)
こども映画
最近、というかおそらく少林サッカー以来映画館で映画を見ていない。
映画自体も息子を寝かしつけてから見たりするだけ。
でも途中で起きるので通しで見れることなんてまったくといいほどありません。

でも子供連れでも見に行ける映画館もあるみたいね。

ママズクラブシアター

でも木曜日だけで、映画も限られていて実に残念。
息子が最近、TVのスポットが流れるたびに「これや、これや!!!」と大興奮の
森のリトル・ギャングを見に連れて行ってあげたかったけど、上映がない模様。
これ、ジャンクフードを食べた動物が目を血走らせて中毒になるらしく
スラングがわかる人はもっともっと楽しめる様でうらやましぃ。
スラングを吹き替えするわけないし.....

この映画もニモ同様、DVDの発売を待つ事になりそうです。
Carsも待ってます。

そのCarsですが、予告編を息子に見せた所、
大興奮・絶叫・ダンシング...........「カーズ、カーズ」と連呼します。
エンドレス・リピート。

Carsが大好きな息子を持ったのに、ハッピーセットのおもちゃで
マックイーン(赤い車)だけ買い損ねました。
金曜発売で月曜の時点で売り切れてました..........
大失敗です。
2006-08-06 23:23 | character | Comment(0) | Trackback(0)
大の好物
thai


昨日ほんとに久しぶりにタイ料理をお店に食べに行きました。
ほんとは7年ほど前に行って、タイ料理のおいしさに目覚めたお店に
行こうと思っていたのですが、予約の電話をしたらタイ人シェフと思われる男性に
「キョウヤメタ、アチタキテ」と言われガックシ........

でも胃袋のタイムードがなくなるわけもなく、近くにあったお店に入ってみました。
ソーセージがおいしかった。
ビアチャンが止まりませんで、短時間に3本も飲んでしまった。

息子にはタイ風焼そばをチョイスしたんですが口をつけず、
ジャスミンライスを手づかみでパクパク口に放り込んでいました。
その後ずーっと店に流れてるタイミュージックにあわせ踊ってました。

東京の大好きだったお店が無くなってしまった今、
京都でタイ料理屋さんのお気に入りを探さねば。
次は気分次第でお休みするお店にリベンジしに行きます。




2006-08-01 15:49 | usual | Comment(0) | Trackback(0)
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。