スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
サンタクロース問題2005
おひさしぶりです。亭主です。

やばっ、もうすっかり年末。

今年もクリスマスがやってきます。その本番を前に緊急家族会議が開かれました。議題は

「サンタクロースをどうするか?」

去年のクリスマスはまだ床を這いずり回っているだけの息子でしたが、今年になるとさすがにいろんな知恵がついてきましてた。そこで、今後の情緒教育の一環としてサンタクロース問題が深刻な問題としてクローズアップされ、喧々諤々(けんけんがくがく)の大議論が我が家で展開されました。

「論旨」
  俺→パパがサンタクロース派。コスプレの積極取り入れによりクリスマスの夜にパパが扮したサンタクロースが我が家に息子にプレゼントを持ってくる。その後、外で着替えたパパが何食わぬ顔で戻ってきて、「今、誰か来た?」と言う。息子大興奮。

  嫁さん→サンタはファンタジーでいい派。パパがコスプレしても4歳くらいですぐばれる。サンタは寝てる間に枕元にプレゼントだけ置いていけばいいじゃん。息子がサンタが見たいと言ったらフィンランドか、どっかから来る外人見せておけばいい。

という感じで議論は進展を見せぬまま平行線を保ち続けておりました。このままサンタクロース問題来年まで棚上げか?と思われた瞬間、嫁さんが一言

「将来、息子が大きくなって、『昨日、サンタさんに会いたくてずっと頑張って起きてたけど寝ちゃったよ~』と言ってるのがみたいんだよ!!」

と本心を暴露したところで議論終了。

ということで、我が家ではサンタクロースはいい子にしてた子にクリスマスの夜にプレゼントを持ってくるファンタジーになりましたとさ。めでたし。めでたし。
スポンサーサイト
2005-12-14 05:48 | event | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://tomokana.blog21.fc2.com/tb.php/66-5ebf6780
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。